再活ナビ・TOPへ > 一般的な結婚年齢
一般的な結婚年齢

日本の社会は晩婚化が進んでいるとよくいわれています。では、現在の結婚年齢がどのように変化してきているのか、実際にデータで比較してみましょう。

2008年に厚生労働省によって行われた調査によると、男性の初婚年齢の平均は30.2歳、女性の初婚年齢の平均は28.5歳。これは前の年よりも男性は0.1歳、女性は0.2歳上昇した数字なのだそうです。

そして1970年代に行われた同様の調査結果を見てみると、男性の初婚年齢の平均は26.9歳、女性の初婚年齢の平均が24.2歳。つまりこの30数年の間で、男性の結婚年齢は3歳以上、女性は4歳以上もアップしているということになるんですね。

ついでに再婚も含めた結婚年齢を調べたデータをご紹介すると、こちらの方は2005年の男性の平均が31.7歳、女性が29.4歳。1975年の調査では男性が27.8歳、女性が25.2歳だということですから、こちらもやはり初婚と同じように、男女ともにこの30年ちょっとで4歳前後上昇しているということになります。

こういったことからも、晩婚化というのはかなり一般的な傾向なんだな、ということがよくわかります。

ちなみにこの晩婚化というのは日本だけのことではなくて、世界的な傾向なんだそうです。そして、先進国であればあるほど、より晩婚化の傾向が強まっているのだとか。独身で、「結婚する気はない」と答えた方が、5年後にもその意見が変わらなかった割合が増えている、なんていう調査結果もあるようです。

わたしたちはつい何気なく「結婚適齢期」なんて言葉を使ったりもしますが、最近では結婚に対する価値観自体がかなり変わってきていて、一概にいつが適齢期とは言えなくなりつつあるのかもしれませんね。

大切なのは「いつ結婚するのか」ではなく、「どんな人と巡り合い、誰と結婚するのか」。結婚年齢の平均は平均として、「自分が結婚したいときが適齢期」、という思いであせらずにチャンスを待つというのが良いのではないでしょうか。

再活で人気の結婚情報サービス・お見合いパーティー BEST3
関連エントリーの一覧です。

結婚のことなら婚活パーティー 大阪に相談してみて !

結婚・再婚について
結婚相談所で再活
再活の注意点
カウンセラー型の結婚相談所
ネット型の結婚情報サービス
お見合いパーティー
結婚観のおはなし
Copyright (C) バツイチ婚活!再婚のための再活ナビ. All rights reserved